朝顔

朝顔

如月の陽 暖かい影 獣道通る 帰り道
雪解け水 花に光浴び 早足で 歩く

一人の緋 風香る蒼 そよぐ葉の散った桜の木
冷たい風に揺られて 中覗く愛らしい蕾

赤い夕陽が 陰作り 目を覚ました生きる物の怪
人を恐れ 人を陥れた 皮を被った 少女

七夕の月 蒸し暑い風 野原駆ける 追いかける
枯れた花 朝顔花閉じ 如雨露はなく 只々見てる

暑く暑くなる日々 熔ける命は幻

  • 最終更新:2017-03-23 16:59:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード